おすすめの引越し会社

»アート引越センターはこちら

引っ越し費用を安くするためには日頃からシンプルライフをしておきましょう。

引っ越し費用を安くするには、日頃からのシンプルライフに心がけるのが良いと思います。でも、なんとなく日頃から物を買ってしまいがちで、整理なんてできないですよね。
でもそんなシンプルライフを難なくすることができるコツを3つ教えちゃいます。

10日分の着回しができる服を考えましょう


引っ越しでかさばるものは衣料品です。この衣料品の整理をすることが引っ越し費用を安くするためのポイントになります。
ではどう整理するか、ですが10日分の着回しができることをベースに服を整理しましょう。下着も10日分もののがあれば十分です。

不用品はリサイクルへ


不用品はリサイクルショップなどで買い取りをしてもらいましょう。不用品の種類としては本やCD/DVDといったかさばるものをターゲットに整理をしましょう。本やCD/DVDを廃棄する基準としては、読んだけどあまり印象に残っていないものはリサイクルショップで買い取りをしてもらうのが良いと思います。量が多いと結構な金額で買い取りをしてもらえます。

食料品のストックも何気にかさばります


食料品のストックも引っ越しする際にはものとしてかさばることがよくあります。ダンボール1個、2個になることもあります。日頃からストックしないことをお勧めします。もちろん、災害時用にストックしている場合もあるとは思いますが、災害時用はそれ用として3、4日分の食料をきちんと保管していればよいと思います。

最後に靴の整理


靴も色々と買っているとかさばります。靴も仕事用、プライベート用でそれぞれ2から3足をもっていれば十分です。
以上、日頃からのシンプルライフのすすめについて紹介しました。

最新投稿

引越し業者の選び方


引越しというのは人生で何度も経験するものではありません。銀行員ですとか、警察官といった一部の転勤族は例外ですが、ほとんどの人は一生のうちに数回した引っ越しをすることはないでしょう。つまり、自分で経験や知識を積み重ねる機会の少ないイベントです。


経験や知識を積みづらいのとは反対に、引越しはかなり重要な出来事です。出費の額も大きいですし、失敗をすると家電や大切な家財道具を最悪壊したり、紛失されてしまったりもします。ピアノや大きな仏壇などの重量物をマンションの高層階に引き上げられず(エレベーターに入らず、クレーンも届かないなど)、泣く泣く処分せざるを得なくなる事例も見聞きします。


重量物でよくあるトラブルとしては、部屋や階段にぶつけてしまって家自体を破損するケースも。それから、新居の床が弱くて新たに補強工事が必要になる場合もあります。


自動車、バイクなどを運ぶのも一筋縄ではいきません。ずっと大切に乗ってきた愛車が、トラックから下ろしたら擦り傷だらけになっていた…なんてことは考えるだけでも嫌になりますね。


このサイトでは、そんな引越しにまつわるトラブルを避けていただくために必要な基礎知識から、実際に引越し業者を選ぶときに活用できる見極めのポイントを紹介していきます。