おすすめの引越し会社

»アート引越センターはこちら

引越しでは家電はどうしたらいいのかな?

引越し作業をしていると、一番悩ましいのはやはり、荷造り、ではないかと思います。

色々なものが家の中にはありますが、そういったものを全て壊れないように、また他の荷物に影響なく運んでもらえるようにと準備しておかなかくてはんなりませんから、
悩んでしまう方(特に女性は多いかもしれませんんが)が多いのが、特に家電製品の取り扱いのようです。

エアコンなど、オプションをつければ引越し業者にたのめるものはいいのですが、
その他のテレビ、冷蔵庫、電子レンジ、トースター、オーディオ機器、ゲーム機、扇風機、空気清浄機などの取り扱いについてみてみましょう。

まずテレビ。
大きいものは箱にも入れられませんよね。
しっかりと、ホームセンターなどでも売られている緩衝材(通称プチプチですね)でくるみ、取れないようにしっかりととめておきましょう。
それと、配線なども痛めてしまわないように、コンセントからはずしたら纏めて束ねておきましょう。

電子レンジについては入る箱があればいれ、蓋はとりあえず開けておき、電子レンジだということがわかるように業者さんにお願いしましょう。トースターや炊飯器も同じです。

オーディオ機器などもできればテレビと同じく緩衝材にくるんだうえで、箱に入れておきます。結構な精密機械ですし、高価な商品も多いですからきちんと保護するためには、しっかりと緩衝材を上手に使うことが重要です。
ゲーム機も同様ですね。

扇風機はどうしようもありませんので、そのまま見積もり時などに業者さんに荷物として見てもらい、もし何か対策が必要であれば指示を貰うようにしてください。

空気清浄機も同様です。ただし、加湿できるタイプのものには、水のタンクにたまった水を抜くことも忘れずにしておきましょう。
これだけ準備しておければあとはこまごまとしたものの荷造りなどをして、無事引越し当日を迎えることができますね!

最新投稿

引越し業者の選び方


引越しというのは人生で何度も経験するものではありません。銀行員ですとか、警察官といった一部の転勤族は例外ですが、ほとんどの人は一生のうちに数回した引っ越しをすることはないでしょう。つまり、自分で経験や知識を積み重ねる機会の少ないイベントです。


経験や知識を積みづらいのとは反対に、引越しはかなり重要な出来事です。出費の額も大きいですし、失敗をすると家電や大切な家財道具を最悪壊したり、紛失されてしまったりもします。ピアノや大きな仏壇などの重量物をマンションの高層階に引き上げられず(エレベーターに入らず、クレーンも届かないなど)、泣く泣く処分せざるを得なくなる事例も見聞きします。


重量物でよくあるトラブルとしては、部屋や階段にぶつけてしまって家自体を破損するケースも。それから、新居の床が弱くて新たに補強工事が必要になる場合もあります。


自動車、バイクなどを運ぶのも一筋縄ではいきません。ずっと大切に乗ってきた愛車が、トラックから下ろしたら擦り傷だらけになっていた…なんてことは考えるだけでも嫌になりますね。


このサイトでは、そんな引越しにまつわるトラブルを避けていただくために必要な基礎知識から、実際に引越し業者を選ぶときに活用できる見極めのポイントを紹介していきます。